子ども達の笑顔を守るため・・・

コロナ感染予防対策のため、家での巣ごもりのような日々を経て、ようやく自粛解除となった6月。子ども達の元気な声(例年の4月のようなものなので大きな泣き声も少なくないのですが…)が園に戻り、活気と熱気を感じます。

とはいえ安心とは程遠く、感染拡大の予防は依然一人一人に課せられた義務であることに変わりありません。

子ども達の笑顔を守るべく、園でもいろいろな方策をとっています。

クラスでは向かい合わせにならないような座席配置をしたり、食事の際のテーブルに手作りのパーテーションを置いたり…。

送迎バスでも三密を避ける座席指定とし、子ども達が戸惑わないよう、これも手作りの目印を貼って着席を促しています。

子ども達はいつもと違う雰囲気を新鮮に感じたらしく、意外にもにこにこ。

不都合や不便があっても、気持ちの持ちようで、そこに面白さや楽しさをきっと見つけられるはず!

子ども達に教えられた気がします。

コメントは受け付けていません。