子どもの気持ちになって…

元気いっぱいに遊ぶ子ども達を見て、時々不思議に思うことがあります。

この日は「どうしてあんなに高くブランコをこぐのだろう?」

それから「決して広いとは言えないなかよしハウス(木製の小さな家)の中が大好きなのはどうして?」

なので、子どもがしていることを同じようにしてみたくなるのです。

子どもの頃を思い出し、気分が悪くなるのを我慢して思い切り高くこいでみました。

ああ、そうか。

前にこいだらすごく空が近い!

後ろにこぐと上から見下ろせる!

ハウスの中はというと、そこは小さな家庭でした。

ママやお姉さんがご飯を作り、小さい子とは兄弟姉妹のような会話が聞かれ、いろいろなお客さんがやって来る、窓からは楽しそうに遊ぶお友達がたくさん見えるのです。

なるほどなあ、と少しだけ子ども達の気持ちがわかったような気がしました。

最近のお知らせ

元気いっぱいに遊ぶ子ども達を見て、時々不思議に思うことがあります。 この日は「ど ...
続きを読む

運動会が雨で流れてしまった後のある日。 大綱を出すと、「わあ、やりたい、やりたい ...
続きを読む

十五夜の日の園エントランスのレイアウトです。 数日前から飾られたすすきや果物、そ ...
続きを読む

日差しが和らぎ、吹く風は心地よく、戸外遊びに最適な季節。 ふと、砂場に目を向ける ...
続きを読む

さわやかで、気持ちの良い朝。 真っ先に園庭に飛び出した子ども達はお気に入りの遊具 ...
続きを読む

園庭の花壇に訪れるちょうちょうの数が少なくなった頃、「先生!虫見つけた!こっち来 ...
続きを読む

今年は暑い暑い夏でした。 その分、残暑厳しい9月初旬、なかなかできなかったプール ...
続きを読む

入園申込みについてのお知らせです。 9月1日(火)から入園申込みを受け付けます。 ...
続きを読む

体操教室で使っている短縄跳び。 縄の持ち方、回し方から練習が始まりました。 年長 ...
続きを読む

雨があがったある日のこと、園庭の花壇に素敵なお客様が来てくれました。 おしゃれな ...
続きを読む

コメントは受け付けていません。